作品募集
 
 
 
 
 
 
 
 

けんちゃんのブログ
 

 

今般、新型コロナウィルス感染症でお亡くなりになられた方に対し、哀悼の意を表しますとともに、現在感染により苦しんでおられる方に お見舞い申し上げます。併せて、日々その対応に努力しておられる医療従事者をはじめとする全ての皆様に敬意と感謝を申し上げます。



第40回山形県歌謡選手権大会 延期について

以下のイベント開催は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点より延期とさせていただきます。

「第40回山形県歌謡選手権大会」9月12日(日)シェルターなんよう

延期日程:10月31日(日)米沢市市民文化会館大ホール
※お持ちのチケットはそのままお使いいただけます。



『おうちde楽しむ!みんなの東京2020応援チャンネル』

現在、『おうちde楽しむ!みんなの東京2020応援チャンネル』やYouTubeで木田さんの応援メッセージと、「心のつばさ」「こころ」「立山連峰」が放送されていますので是非試聴下さい。

特設サイトはこちらからご確認ください。



YouTubeチャンネルはこちらからご確認ください。







みちのく歌謡文化連盟 みちのくレコード

「みちのく歌謡文化連盟」は、《歌謡音楽の分野で地域発展に貢献する》ことを「志・こころざし」とし、平成9年、東北の歌仲間がボランティア集団として結成、近年絶えて無い《ヒット曲を作り、スター歌手誕生!》を掲げて活動してまいりました。発足後、連盟結成以降の成果は、「孫」のような埋もれた作品の掘り起こしに加え、新たな作品制作を進めるために平成14年「みちのくレコード」を立ち上げ、第一号歌手木田俊之さんを皮切りに歌手作品発表を進めています。
カラオケは私たちの周辺で今も健在ですが、レコード販売を含めたみちのく路歌謡界の位置づけは、全国的に底辺にあります。
しかし「孫」ヒットに続き「哀愁桟橋」や「江釣子のおんな」「ふたりの大漁節」「紅花の宿」などの中央作品をはじめ、「奥羽山脈」「父母」などの地域盤からのヒットで全国の音楽関係者から、ここ山形を中心としたみちのく路に関心が集まっております。
みちのく路歌謡界を応援し、地域振興に努める、山形県歌謡振興会や岩手県歌謡連合会、演歌塾そしてカラオケ教室やカラオケサークルなどの歌謡カラオケ団体が多く存在しています。
このホームページは、このようなみちのく路歌謡界の情報をお知らせするためスタートしておりますのでぜひご覧下さい。





Copyright (c) 2004 Michinoku Record. All rights reserved.